HOME > 休暇・休憩

休暇・休憩

休暇や休憩については、法律で定められています。

アルバイト未経験者の方も、きちんと知っておきましょう。
休暇を取らない、休憩しないという姿勢は大事ですが、権利として定められているので、もしルールを守らない職場の場合はそれを主張しても良いでしょう。

休暇については、雇用側は労働者に1週間に1回、4週間に4回は必ず休暇を与えなくてはいけません。
休日出勤をしなくてはならない場合もありますが、非常事態でない場合以外は休むようにしましょう。

ちなみに、アルバイトにも有給休暇があります。
有給休暇制度は、雇用された日から6ヶ月間に渡って勤務を続け、所定労働日の80%以上出勤した場合、10日の有給休暇が与えられるものです。
アルバイトでも、1週間の労働日数、1年間の労働日数、勤続期間によって与えられる有給休暇に違いがあるものの、有給休暇を取得することは可能になっています。

また、休憩時間については、1日の労働が6時間を超過する場合には45分以上、8時間を超過する場合には1時間以上の休憩を取ることができます。
休憩のタイミングは、アルバイト先によって違いがありますので、きちんと確認しておきましょう。

inserted by FC2 system