HOME > 分類

分類

これからアルバイトをしてみたいという未経験者の層は、限られているわけではありません。
例えば、就職をするという選択肢をあえて放棄し、フリーターとして働いていきたいと考えている方もいます。
一時期ほどは騒がれなくなりましたが、依然として多くの方がフリーターとして働いているというのは紛れもない事実。

また、学生がお小遣いを稼ぐために未経験からアルバイトをしてみたいということもあるでしょう。
さらには、主婦の方が家計の足しにすることを目的として、アルバイトに挑戦するというケースもあります。
アルバイト未経験者というと大体このような層が占めていると考えがちですが、決して全てというわけではありません。
未成年者外国人でもアルバイトを希望するケースがあるのです。

未成年者と言っても大学生のことを指しているのではありません。
高校生や中学生といった、アルバイト未経験というのが当たり前の層でも、希望者は存在しているのです。

当然、こういった場合には制限が設けられていますので、事前によく確認する必要があると言えます。
制限があるとはいえ、書類が整い、雇用する側で問題が無いということであればアルバイトをすることは可能。

ただし、故意ではなくても不法就労に該当してしまえば不利益を被ることになりますので注意が必要です。
当然のことですが虚偽の申請をするのは問題外。

このようにアルバイトの未経験者は分類することができますが、注意が必要なケースがあるということを覚えておきましょう。

inserted by FC2 system